BLOG - 20181106のエントリ

きょうは Eラーニング用の素材(イラスト)制作

どこの企業も講習会をEラーニングにシフトしているようです。
各営業所で新製品の講習会を開くというのは時間とコストがかなり掛かるので、ネットで説明するようになってきています。

今回、作った素材
1.レバーを引くと、ワイヤが引っ張られる
2.ワイヤに部品Aが引っ張られる
3.部品Aにロッドが押される
4.ロッドが部品Bを押す
5.部品Bがセンサーを押す
6.ワイヤの反対側が部品Cを引っ張る
(これの逆も)

上記正方向の動作を2コマのイラストでまとめてくださいとのこと。(反対側も)

いままでは生き字引みたいなおじさまが各営業所をまわり、講習説明していましたが、全営業所を周りきるまでにかなりの時間が掛かっていたとの事。
資料を作る時間+全国行脚をEラーニングに置き換えて各自必要な時に閲覧する。やっとペーパーレスが本格的になってきたようです。

マイクロフィルム、光ディスク、PDF、iPad~ ペーパーレスを謳って20年 とうとう動き出したような感じです。

 

もう、7年ほどまえ 東大阪市の市役所の横の商工会議所で「企業でタブレットをどう活用するか」の講習会に取引先の社長に誘われて行ったことがある。某なんとかバンクのiPadのエバンジェリストのお兄さんが「なんとかバンクではすでにペーパーレスでPCレス。業務の全てをiPadで行っています」とmacのPowerbookを広げて説明していた。
すでに河内のおっさんだったが大げさに突っ込んだりはしなかった。だって大人だもの。

 

きょうもトレラン。

KIMG1753

トレッキングポールを使ってトレラン。あと数回やらないと慣れないかも? かなりしんどい。


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ


技術資料、プレゼン資料、3Dモデリング、取説、パーツカタログ、各種サービス資料制作

ムツミヤでは制作作業者が直接お客様を担当しますので、専門的な用語や機械的な構造説明などがスムーズに行えます。

図面情報より高精度のパーツカタログを制作いたします。手描き図面、2次元CAD、3次元CAD等の部品情報をいただければ 分解(組立)手順に則した構成でページを作り上げます。
また、完成品から分解して描き上げ、組み立て直してお返しすることも得意としています。

手描き図面と構成リスト、組立手順書等資料からも制作可能です。
手描きパーツリストの更新もおまかせください。

設計途中のアッセンブルしきれていない3D CADから先行して制作することも可能です。

ムツミヤでは中間営業を省略し、制作直販としていますので
低コスト・高精度でご提供させていただいております。

部品図面(DWG,DXF,IGES,青図)
計画図(DWG,DXF,IGES,青図)
組立要領書(DWG,DXF,IGES,青図)
部品リスト(EXCEL,ACCESS)
とりあえずこれだけご用意ください

*構造、資料により写真および原稿の提供をお願いすることがあります。