BLOG - 201807のエントリ

2018/7/16 セントラルサーキット

カテゴリ : 
MOTO » サーキット走行
執筆 : 
baayan 2018-7-21 0:44

2018/7/16 セントラルサーキット

この日は2時からの2枠。
いつもなら午後枠であろうと午前枠であろうと宝塚トンネルの渋滞を回避するため早朝の5:00に出発していたが、新名神のおかげで渋滞発生数が月いちぐらいになってるとのことでちょっとゆっくりめの7:00に出た。
普段この時間で池田あたりから混みはじめるが超スムーズ。これで大阪からでも気楽にセントラルサーキットに行けるようになった。

暑いからというワケでもないが、最近自転車ばかりでバイクに乗っていない。
6時間耐久の前日に風邪をひいて、あらかた治るのに2週間かかって、1週間で体調を戻しGF吉野を自転車で走って~と前回バイクに乗ったのは4/30と、2か月以上も前。

暑すぎ。パドックに水を撒いてみたが一瞬で蒸発。
2018/7/16 - 1
2018/7/16 - 1 ( 150.3 KB )

ブレーキオイルを交換。このあとめったに使わないがリヤ側も交換。
2018/7/16 - 2
2018/7/16 - 2 ( 118.7 KB )

で、走行枠まで時間があるので車は放置してサーキット外へ食事+ツーリング。
西脇ラーメン本家の大橋ラーメンへ。
偶然ウェイティング無しですんなり入れたが、出る頃には店前が人だらけに。
甘口ラーメン
2018/7/16 - 4
2018/7/16 - 4 ( 120.0 KB )

このあと黒田庄町をうろうろ。古い町並みがいい感じ。
2018/7/16 - 3
2018/7/16 - 3 ( 92.5 KB )

で、サーキットに戻って走行準備。この暑さの中、革ツナギ着て、ブーツ履いて、ヘルメットかぶって、グローブ付けて。なんの修業?

走り始めて異変。高回転でノッキング。8000rpm以上回らない。
以前にも同じようなことがあったのですぐに原因は分かった。

ガソリンが劣化していた。

さすがに2か月放置したガソリンは油絵の具のペンチング オイルようなにおいを発していた。
試しにもっと酷いにおいのジュリ缶のガソリンを入れて走って見たら7000rpm以上回らなかった。

常連のITKRくんとNSR80の3人だけだったので低回転でのんびり走行。

2018/7/16 - 2
2018/7/16 - 2 ( 915.2 KB )

無事走行終了。

劣化したガソリンは抜き出して、トランポのアクティに入れ消費。

教訓:燃料の品質管理は大事。



グランフォンドin吉野 2018/7/1 ロング 160km

カテゴリ : 
PUSHBIKE
執筆 : 
baayan 2018-7-2 13:42

グランフォンドin吉野 2018/7/1 ロング 160km

モーターサイクルのイベントでヘルメットを 3回も忘れた友人がいる。
今回、新たにもう一人そういう事をやらかす人が加わった。

以前、自分もサーキット走行に行くのに何か必ず忘れ物をしていたのでエクセルでチェックリストを作ったことがあった。

アラフィフのオッサンでも肝心な時にどえらい忘れ物をするぐらいなので、小学生とか子供のどーでもいーような忘れ物にグダグダ言うのは間違い。はっきり言って治らない。逆に悪化する。歳を取ってからさらに悪化するのは実証済み。

写真係の特権行使で先頭に割り込んでスタート、撮影しながら後方へ。かなり年配のおじさまがエライカッコよく撮れた。

第一関門までにだいぶ後ろに来たようでリミットの10分前だった。

「あんたか、このまえのチラシにもココのエイドの写真使ってくれてたなー。わしの写真も載せといて。写真撮って、遺影にするから(笑)」(横に居た孫娘が苦笑い)
こういうのを真に受けて平野の商店街のポスターみたいに(はよ来てや、死ぬで。)とか入れるとあっちこっちから叩かれるのでしないというか、自分もそっちのカテゴリーにすぐ仲間入りするのでやってもいいかなーとか走りながらにやけてた。

 前半の第一関門から先の変更になったルートは下見済みで、これから待ち受ける苦行を思うとウンザリ。と、いうか次の関門まで間に合うかギリギリで、「下りは安全運転」とか言ってられない状態。

 

写真も撮っている時間が無い。
第二関門は13:00リミットのところ5分前に到着。

ここからは もう、必死。
ほとんどオフロード状態の五番関の下りはMTBのダウンヒル並みに飛ばして、ギャップと落石をバニーホップで跳びこして、カウンター当てながらコーナリングしてー・・と、やっぱり1.25のタイヤでは覿面にパンク。

ささっとチューブ交換、いつもなら穴の開いたチューブにパッチを貼って修理したうえでスペアとして携帯しておくが、時間が無いため省略。(それぐらいせっぱつまってた)

もう、まえにこんなに踏んで回したのはいつだったか、出来さんがGT扱ってて主催で志賀高原MTBレースやったとき以来ぐらい。

最後の駐車場までの登り前の踏切で止められたときは「もうだめ・・」となりかけたが、呼吸困難になりかけるぐらい踏んで回してなんとかリミット17:00の3分前にゴール。

おつかれさまでした。おつかれました。

スタッフの方々も暑い中おつかれさまでした。

写真いっぱい撮ったぶんはこちらから。
http://work.mutsumiya.cc/images/2018_07_01_GF.html

ご自身や関係者の写真は自由にご使用ください。
そのほか、ご自身以外の写真は商用使用禁止です。
常識の範囲内でご使用ください。




技術資料、プレゼン資料、3Dモデリング、取説、パーツカタログ、各種サービス資料制作

ムツミヤでは制作作業者が直接お客様を担当しますので、専門的な用語や機械的な構造説明などがスムーズに行えます。

図面情報より高精度のパーツカタログを制作いたします。手描き図面、2次元CAD、3次元CAD等の部品情報をいただければ 分解(組立)手順に則した構成でページを作り上げます。
また、完成品から分解して描き上げ、組み立て直してお返しすることも得意としています。

手描き図面と構成リスト、組立手順書等資料からも制作可能です。
手描きパーツリストの更新もおまかせください。

設計途中のアッセンブルしきれていない3D CADから先行して制作することも可能です。

ムツミヤでは中間営業を省略し、制作直販としていますので
低コスト・高精度でご提供させていただいております。

部品図面(DWG,DXF,IGES,青図)
計画図(DWG,DXF,IGES,青図)
組立要領書(DWG,DXF,IGES,青図)
部品リスト(EXCEL,ACCESS)
とりあえずこれだけご用意ください

*構造、資料により写真および原稿の提供をお願いすることがあります。