BLOG - 201805のエントリ

もう、何年掛かったの?

以前のレポートを掘り出すと2013年の記事が最初みたい。

 

5年も掛かってようやく マトモ。

50まであと3年という歳になってや~~~~っとマトモ。

 

朝10:00の前日練習
5:00集合・・・と言うと1時間ぐらい遅刻してくるのが常だった。
今回は「サインボード忘れたのに今になって気が付きました」とSMSが入って(ああ、また遅れてくるのか)と思わせたがボードは取りに帰らずそのまま来たようで10分の遅刻だけで済んだ。
サインボードはうちのを積み込む。

早朝の阪神高速は神戸線でも渋滞は無く、

「おお! きょうはスムーズ!!前回も前々回も遅刻+渋滞で焦りまくりやったのに! ちゃんと枕持ってきた?」

と、マックスバリューで買い出ししてサーキットに余裕で到着。

 

2018/5/6 モトレボ(ピットクルー) - 1
2018/5/6 モトレボ(ピットクルー) - 1 ( 305.9 KB )

Fサスのバネレートをさらに少なくして良い感触みたい。
人間が古く、乗り方を変えるとかが出来ないのでNSRもどきのセッティングにしたらいい感じとのこと。

ずーっとRZ350にのってた友人が、いい加減最新マシンに―と CBR1000Rを買ったが相性が良くなくびくびくしてコーナリングしていたが、この前MT09に乗り換えたら絶好調らしく「ヤマハのヒトはヤマハ」と再認識したのと同じように長年NSR乗ってるヒトはCBRもNSR風にセットしないといけないのだなーと。

前日練習では何もすることが無いので裏ストレートの向こう側の砂利駐車場の端のほうでハンモックを吊るして昼寝。
もうね、本当はセッティングやらタイヤ交換やらスプロケ交換やらしないといけないような気もするけど、要望も無く現状のセットの資料も無いのであまり色々考えないようにしてお互い放置。車検場に台車でいろいろ運ぶのだけ。

車検は厳しくなっているという事前情報だったが、意外とすんなりと通過。さすがに引っかかるところはすでに過去に引っかかって一応の対策済ということ。

どえらい問題はあったが、ギリギリ見つからなかっただけともいう。

で、いつもの相生の東横INNへ。

今回折りたたみ自転車持ってきてたので相生をサイクリング。

 

なにも 無い。 商店街のアーケードは照明が必要なのか分からないぐらいシャッター街で、漁港の横なのに飲み屋はほとんど鳥料理と焼き肉。(大体どこもそんなもんやけど)

 

翌日、予選と決勝

2018/5/6 モトレボ(ピットクルー) - 7

予選は好調で ポールポジション。

「いやー長いこと掛かったなー 43秒切るつもりで全開で行け!」

「いきますわ!」

2018/5/6 モトレボ(ピットクルー) - 3

なんか必死の抜き合いのバトルして楽しそうに走って1位で帰ってきた。

2018/5/6 モトレボ(ピットクルー) - 4

よかったよかった。 で、ベストラップ43秒080 ・・・ ストレートで伏せてたら切れてたのに・・・

=====

最少人数の2人だけのチームでもピットクルーはヒマ疲れするのに大所帯のチームだと何をしているのだろう?と常々思っていたが、ピットで観戦してクルーと称してバイク仲間とオフラインミーティングとしたほうがこのヒマ疲れ対策になるのだろうとやっと気が付いた。
ライダー無視して前日練習ピット夜通しでみんなで飲んで騒いで次の日の本戦はいちおう応援して帰るとかなかなかいいかも?

会社の上司に無理やり連れてこられたとかだとヒマ疲れ+気疲れでタイヘンだろうけど。。。

 

 



この気候がイイ時期に乗るバイクは何歳になっても気持ちがいいの。

ゴールデンウィークは当然のように例の宝塚TNあたりで混むであろうと朝5:00出発。
例年、早朝にもかかわらず渋滞の種が出来始めてて、帰りの渋滞を覚悟してたが、新名神が出来てみんなそっちを通るみたいでなんかあっさり通過。
ひょっとしたら帰りも渋滞緩和されてるかもしれないが、牧野大池キャンプ場で泊まって朝ゆっくり帰るプラン。

2018/4/30 セントラルサーキット - 3

フロントタイヤをアルファ13SPから14へ。

横 特に右側だけ減りまくるのでちょっとでも街乗り ツーリングで真ん中も減らそうとギリギリまで交換せず粘ってみたが結局街中で乗らず真ん中を減らすことなく前日に交換となった。

お昼の2枠を走行。
1枠目のKさんモンスタはファイルがちゃんと保存できていませんでした。。

走行台数が多く12台。タイムは気にせず。

2018/4/30 セントラルサーキット - 1

アルファ14  13SPと比べるとステアリングが軽い。グリップは安定安心感。

無事走行終了して牧野大池キャンプ場へ。

 

2018/4/30 セントラルサーキット - 4

ハンモックにタープで酒、肉、冬用シュラフ、フリースシュラフカバー、コールマンのガソリンランタン、満月。たまらん。



ことしもはじまりました。

チーム最年少(30歳オーバーなので最年少でもおっさんだけど)のITKR君がNSF100を手に入れたので今回はこれでエントリー。

2018/4/15 パノリンカップ - 1
2018/4/15 パノリンカップ - 1 ( 308.9 KB )

あいにくの雨。 昼からはやむ予報なのでドライに交換することも考えて前回使用した6分山のレインタイヤを装着。
中途半端な時間に路面が乾いたらもうそのまま使い潰す作戦。

2018/4/15 パノリンカップ - 2
2018/4/15 パノリンカップ - 2 ( 267.7 KB )

NSRでは1スティント20分走れるかな~ぐらいにはなっていたが、ノーマルのセパハン状態のNSFはスタート前の練習走行ですでに腕がパンプしてしまう。
「1スティント何分にします?」「15分で!」
 

NSFは乗りやすく、いちおうパワーバンドも有るけどフラットで 開けすぎたからコケルとかはなく気持ちがラク。

オーナーのITKR君は持ってるマシン全部逆チェンジにしているので当然NSFも逆チェンジだが、最年長のEK本さんが「逆チェンジ アカンのですわ。すんませんけどこれ付けてください。」と正チェンジキットを持ってきててそれを装着してオーナーが乗りにくい仕様になった(笑)

4時間経過後ITKR君が左コーナーで転倒、シフトレバーのペダル部分を折って戻ってきた。

「レバーからペダル外して、穴開けてボルト差しこんでペダル作るようにしてー」とEK本さん。
「んー? 逆チェンやったらすぐに出来ますよー あまってるし(笑)」(自分はRZのときに逆チェンにしていたので)

年長者優先なので正チェンジで応急処置。

2018/4/15 パノリンカップ - 3
2018/4/15 パノリンカップ - 3 ( 273.6 KB )

2018/4/15 パノリンカップ - 4
2018/4/15 パノリンカップ - 4 ( 252.3 KB )

2018/4/15 パノリンカップ - 6
2018/4/15 パノリンカップ - 6 ( 297.7 KB )

2018/4/15 パノリンカップ - 7
2018/4/15 パノリンカップ - 7 ( 305.8 KB )

2018/4/15 パノリンカップ - 8
2018/4/15 パノリンカップ - 8 ( 309.1 KB )

午後から雨はおさまり路面はドライへ、交換のロスを取るよりレインタイヤを履きつぶした方がラクというか、2分山のレインタイヤを温存しても仕方がない。
意外とドライコンディションでもレインタイヤがグリップする。(速く走るとアカンと思うけど)

2018/4/15 パノリンカップ - 9
2018/4/15 パノリンカップ - 9 ( 321.8 KB )

2018/4/15 パノリンカップ - 10
2018/4/15 パノリンカップ - 10 ( 302.1 KB )

無事完走。

2018/4/15 パノリンカップ - 11
2018/4/15 パノリンカップ - 11 ( 314.6 KB )

使用感ハンパ無くレインタイヤ完全供養完了。




技術資料、プレゼン資料、3Dモデリング、取説、パーツカタログ、各種サービス資料制作

ムツミヤでは制作作業者が直接お客様を担当しますので、専門的な用語や機械的な構造説明などがスムーズに行えます。

図面情報より高精度のパーツカタログを制作いたします。手描き図面、2次元CAD、3次元CAD等の部品情報をいただければ 分解(組立)手順に則した構成でページを作り上げます。
また、完成品から分解して描き上げ、組み立て直してお返しすることも得意としています。

手描き図面と構成リスト、組立手順書等資料からも制作可能です。
手描きパーツリストの更新もおまかせください。

設計途中のアッセンブルしきれていない3D CADから先行して制作することも可能です。

ムツミヤでは中間営業を省略し、制作直販としていますので
低コスト・高精度でご提供させていただいております。

部品図面(DWG,DXF,IGES,青図)
計画図(DWG,DXF,IGES,青図)
組立要領書(DWG,DXF,IGES,青図)
部品リスト(EXCEL,ACCESS)
とりあえずこれだけご用意ください

*構造、資料により写真および原稿の提供をお願いすることがあります。