BLOG - グランフォンド吉野 2017/7/2 ロング 150km やっと書きました

グランフォンド吉野 2017/7/2 ロング 150km やっと書きました

カテゴリ : 
PUSHBIKE
執筆 : 
baayan 2017-7-19 14:18

先々週の事をやっと書く。

このイベントの2週間前に友人と信楽まで練習しに行って、その二日後に十三峠を2往復したらその夜にこむら返りを両足の内側と外側で起こし、翌日からリンパ腺が腫れ、絶不調に。

イベントの5日前にやっと回復し、なんとか復調した。

「無理してはいけない」と思った時には すでに無理をしている。“適度に”とかが出来ない中年。

今年も甥っ子(高校2年)と前回参加の友人とみんなで一緒にロングにエントリー。
新メンバー(被害者)二人はショートにエントリー。
甥っ子はなかなかいい感じの旅人君になってきた。
暗峠をいつものようにMTBのトレーニングで登り、一番上の県境でUターンしたら、下から知ってる顔が昇ってくるな~と思ったら甥っ子で、「奈良まで行くけど一緒に行く?」とか、琵琶湖で転倒して輪行バッグ適当に買って、適当に詰め込んで電車で帰ってきたりとか。
「どうする?今度のGF吉野出る?」と聞くと「期末試験終わるの土曜日やけどいい?」と。超~適当。

そんな感じなので、マシンはくらんくらんのボロボロ。しかたなくうちに有った4半世紀前のプレステージのランドシャークのフレームに適当に見繕って組み立てて渡した。

期末試験が土曜の午前中で終わるのでご飯食べた後14:00集合の積み込み速攻出発。
「何食べた?」「レトルトカレー」「おれ、だいぶ早く食べたからちょっとお腹減ってきたかも?そこのココイチ寄ってイイ?」「アカンて!」

いつものように安全運転してたら前日受付17:00までらしくこれまたギリギリ。

関係者に挨拶して、宿に。歌藤

なんかログハウスになってた。いい感じ。

 

翌日、4:00起床。スタート地点に移動。

6:00スタート。

今回もインカムでおしゃべりサイクリング。

甥っ子君 26X1.25の細いタイヤで絶好調!

自分も、40kmまでは絶好調!

各エイドステーションで水分補給とエネルギー補給。

だんだんダメになってきた・・・

唐揚げ、こゆい豆乳、素麺、美味。

天川村の関門エイドを無事時間内通過で甥っ子君が「あ~無事通過したので余裕~。ちょっと寝る。」と、自由人。吉野を10時間みっちり堪能するつもり。

起きたら見事に安定の最後尾で、「やっと気ままに走れる気がするー」と。

やきもち屋ふきのさん。 オープン記念と言うことで、やきもちをごちそうになりました。

 

 

ここから行者還の難所。国道も酷道。

いつもトレーニングで登っている暗峠がR308で、行者還がR309。そら酷道ですわ。
この国道の横を流れる川迫川、大がかりな川床工事をしているが、氾濫がどうこう言うより、氾濫してもどうでもいいような所の川床改修せず、この酷道なんとかするのが先やろーと、通行する100%のヒトが思っているハズ。

 

なんとか行者還トンネル到着。

トンネル内は照明が一切なく、甥っ子が「怖い怖い!」と叫ぶ。

ここから下り。

もう、写真撮る余裕が無い。

インカムからは「はあ~」「ふう~」ばっかり聞こえるし、向こうも「はあ~とふう~しか聞こえへん!」と。

そういえば、前に友人とバイク(MC)でツーリング行った時も「はあ~」「ふう~」ばっかりだった。このインカムの80%は「はあ~」「ふう~」にしか使って無いような気がする。

終盤、トンネルが多く、ギリギリ横を猛スピードで抜き去る思いやりの無い車に「思いやりとか優しさって知性やねんで~」「ほんまやね~」「多分あの人たちは知性とか無いんやね~」「今世でやっと人間になった人たちやね~」と、うちの家系独特の毒舌を甥っ子とするのが楽しい。

しかし、この現代でも田舎なこの場所に南朝を立ち上げた後醍醐天皇はダメなヒトだったのだろう。
一応アスファルトで整備されたが自転車で移動するのもタイヘンなところをちょっと打ち合わせが~とかで楠木正行を呼び寄せたりして「どうしましょう?」「どうしたらよいかの~?」とか現代の企業でもよく見かける“長い会議で何も決まらないが、どうでもいい事だけきっちり決まる”とかやってたのだと思う。

と、甥っ子と歴史観とかぐだぐだおしゃべりしながら終盤、「これ、150kmはなんとか練習しなくても完走できそうやけど、200kmはちょっと無理ちゃう?」と甥っ子。
「うん。無理。かなり自転車に絞って練習しないとアカンやろな。」「受験勉強しないとアカンので。」「うん。それがいいと思う。超正論。」

と、なんとか9時間30分で完走しました。

友人は2時間ぐらい先着していたようで、なんやろね?この性格の違い?

キレイな景色とキレイな空気で楽しい時間を過ごし、達成感満喫でした。 が、

後日、えげつない疲労感で3日ほど動けませんでした。そのあと1週間掛けて元に戻したけど、超回復とか全然なかった。

グランフォンド吉野 2017 主にロング 写真いっぱい(時間軸バラバラ 無選別 ピンボケご容赦)
https://work.mutsumiya.cc/images/2017_07_02_GF.html

 



トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

技術資料、プレゼン資料、3Dモデリング、取説、パーツカタログ、各種サービス資料制作

ムツミヤでは制作作業者が直接お客様を担当しますので、専門的な用語や機械的な構造説明などがスムーズに行えます。

図面情報より高精度のパーツカタログを制作いたします。手描き図面、2次元CAD、3次元CAD等の部品情報をいただければ 分解(組立)手順に則した構成でページを作り上げます。
また、完成品から分解して描き上げ、組み立て直してお返しすることも得意としています。

手描き図面と構成リスト、組立手順書等資料からも制作可能です。
手描きパーツリストの更新もおまかせください。

設計途中のアッセンブルしきれていない3D CADから先行して制作することも可能です。

ムツミヤでは中間営業を省略し、制作直販としていますので
低コスト・高精度でご提供させていただいております。

部品図面(DWG,DXF,IGES,青図)
計画図(DWG,DXF,IGES,青図)
組立要領書(DWG,DXF,IGES,青図)
部品リスト(EXCEL,ACCESS)
とりあえずこれだけご用意ください

*構造、資料により写真および原稿の提供をお願いすることがあります。