BLOG - 最新エントリー

いつものツアーちらし制作とHPメンテ。

これもオススメ。

このてのツアーを個人で再現するとこれ以上にコストが掛かるか、体力が必要。

嫁とかに連れて行ってもらったりするとそれ以上のコストとリスクが発生してどエライことになる。



とりあえず、やりたいこといっぺんにしてみた。

早朝4:00に出発予定がなんだかんだしているうちに遅れた上、出たすぐの交差点でクーラーボックスを忘れてるのを思い出し取りに戻ったりしてたら5:30だった。

さすがに年度始まりの前の日の休日なので宝塚の慢性渋滞個所もスムーズに通過。 西行赤松SAの朝定がご飯大盛り無料だった。

ツーリング
朝5:30に出たのにのんびりしすぎて8:30にサーキット着。受け付けで新年のあいさつをして、積み荷とバイクを降ろす。
よこのPITのシビックのおにいさんが「今日バイクの枠ありました?」「午後からですね。いまから枠までの時間ツーリング行ってきます。」「(笑)」
年に2~3回季節のいい時期しか着ることができない革ジャンを装備してツーリング開始
まず今日のキャンプ地の下見。

けっこういい感じなのですぐ前にある道の駅で利用受付して水道の栓を貰って「また夕方に来ます」。

で、次に周辺をバイクでぶらぶら。
黒川温泉と看板があったので、テントの設営が終わったら入りに行けるかな~と曲がったら後悔の酷道429号線。

ここを夜通るとかムリ! ガードレール無さすぎの急角度過ぎ。

で、その先の黒川温泉は19:00までで、テント設営後にも時間的に来れるかもしれないが、崖に落ちて帰れなくなりそうなので諦めて、眼前にどどーんとそびえ立つ多々良木ダムを見学。

積み上げてる時、何個落として怒られたか気になる。

以前、ダムの図面のトレスをしたことがあったが超難儀だったのを思い出した。
デジタル化云々の前にマイクロフィルム化というのが流行した。その時に元図を撮影せずに青焼き図面を撮影して劣化した状態で保存。紙の図面は処分したとの事。
次にデジタル化(PDF化)が流行。しかし、当時のPCのスペック(たぶんpenⅡ200とかの時代)ではB1の図面を高画質でスキャニングしたファイルを開くことが出来なかったし、HDDの容量も乏しかったため低画質でフィルムスキャンしてさらに劣化。
で、今になって再生エネルギーがどうとかの古いダム改修~で「PDFからCAD化」の依頼。
「図名すら読めないスキャニングデータをトレスしても図面では無く“絵”にしかならないですよ?」
「それでいいので出来るところだけでもお願いします。」と言われて作業したが、発注元から「こんなの図面ジャナイ!」と言われたらしく、揉めにモメた記憶がある。(しらっと数行で書いたが1時間ぐらいこの話でもたせることが出来る案件でした。)
教訓:紙の古~い図面はぞんざいに保管してもいいので捨ててはダメです。

サーキット走行
で、この冬ぜんぜん乗ってなかったので適当にあちこちツーリングしてカンを取り戻して再びセントラルサーキットへ。

まったりしてると嫁から電話
「もうだいぶ時間経ってるけど無事に走れた?電話無いから心配してんねんけど?」
「14:20からの枠やね」
「なーにそれ!朝の5:00に出て?!」

カメラを側面のだいぶ下の方に付けた。
もっと縁石によれば面白いのだけれどもシーズン一発目は体がまだうまく動かせないのでムリせず適当ライン取り。

31秒と34秒で何が違うか分かっている。
倒し込が遅い
ブレーキ掛け過ぎ
上半身が動いていない
原因が分かっているので体が慣れればなんとかなりそうだけど、ベストの30秒は何をして出たのか分からない。なので困ったことに再現できない。

キャンプ
今年一発目の走行は無事終了。
キャンプ地へ。 設営する前にお風呂に行きたかったが、暗くなる前にテントを張りたい。
20年前にオーストラリアに持って行ったテントで慣れているとはいえ加齢で暗いところが見えにくくなってきているので、なる早で。

だれもいない。超いい感じ。 ビール飲みたいので もう、お風呂諦めた。
現代装備のソロキャンプは要らないものいっぱいキャンプだった。もっと軽装備に出来るかも?、

と、1日でやりたいこと全部やってみたよ。大満足。

次の日は起きて帰って普通に仕事。

 



暗峠

カテゴリ : 
PUSHBIKE
執筆 : 
baayan 2018-2-17 12:21

いつものように登ろうと思ってまたがったらブレーキのタッチがオカシイというか「カッコン」と手ごたえの後レバーがスカスカに。

見るとブレーキシューが割れて取れてた。

下ってる途中でこれが起きなくてよかった・・・

ささっとスペアの新品シューに入れ換えて訓練。

だいぶ暖かくなって登りやすくなってきたが先日の雪で凍結防止剤を撒いたみたいで路面はウェット状態。

下りが怖い。

で、帰ってご飯食べてから高倉道場なのを思い出してDRUさんでボルダリング。超ハードワーク。

http://druclimbing.jp/modules/d3diary/index.php?page=detail&bid=109



車検

カテゴリ : 
MOTO » スーパーデューク
執筆 : 
baayan 2018-2-2 13:40

車検用にマフラーをノーマルにして

ひさしぶりにマップをノーマルに。

ライトのバルブをLEDからハロゲンに。

ひさしぶりにノーマル状態で乗ってみたらマイルドでラク。

車検は近所民間車検場の河内産業で。 

バイクを置いて受付に行ってる間に係官がバイクにまたがりラインへと持って行ってくれた。足がツンツンでちょっと心配だったが、10分ほどもかからずスムーズに完了。

懸案の車検も無事済んでほっとしました。

 



自作 パラフォイルカイト計画

カテゴリ : 
KITE
執筆 : 
baayan 2018-1-28 14:04

最近、凧揚げに凝っている。

デュアルラインだから難しいということは無く、初心者でもさっと気軽に揚げられる。

爽快感がたまらないのですごくオススメ。

ツーリングで海沿い走ってひとけの無い砂浜とかでちょっと停まって揚げるとかすごくイイ。

で、3DCADのシートメタルなら型紙出来るかなーっと描いてみた。

ラインをまとめるところをどこにするかが肝になるみたい。思考錯誤が必要。

 

 



3Dモデリング

カテゴリ : 
おしごと
執筆 : 
baayan 2018-1-24 8:20

きょうは、というかずっと作業していた3Dモデリングが完了。

昔懐かしいこのミラー。



前に乗ってたCB400SFにも付けてた。
いや、初期型ガンマ、RZ、RZR、XJZS・・・と、ほぼすべてのマシンに装着していたこのミラー。

当時以前からあるこの商品、金型の修正に次ぐ修正で、初期の図面とはだいぶ形状が変わってしまっているため現物からの3D化とのご依頼。

まず、3Dスキャンでポリゴンデータに

そこから組立時に要となる寸法を把握

各部品とのクリアランスを計測

せっかくなので形状修正

2次元の図面化

で、やっと出来ました。けっこうヤリトリに時間かかりました。



第64回東大阪市枚岡公園クロスカントリー競走大会
https://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000020825.html

前回、やりすぎのオッサンの典型例みたいに練習しすぎで体調を崩し行くだけ行ったがDNSとなさけないことになっていたが、

今年はなんとか無理せず、練習ではタイムを計らず、中一日は必ず開けるようにした。

前の週の木曜日夕方の練習でおなじく出走するという現役高校生の陸上部の子たちと一緒になり 走ってみたが、すでに自分は同じ生物ではなくなってしまったのだなーとしみじみと感じた(泣)

だいたい 高校時代からバイク、自転車ばかりで自分の足で走ることなんかほとんど無かった。
生駒が国定公園となって自転車で走ることが出来なくなり運動不足解消に仕方が無く自分の足で走り始めた。

走るというか生駒山周辺を周ってみると日本書紀に載っているところや古墳が多くあり楽しいことに気が付いた。

で、結果。

あと27秒で20分切り。の15位。

上は70歳。1位は53歳(15分台)

まだまだ遊べそう。

 



あけましておめでとうございます

カテゴリ : 
おしごと
執筆 : 
baayan 2018-1-9 4:09

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 



懲りない。

「前日練習2枠取れましたのでお願いします。」

「何時の枠?」

「9時とお昼です。6:00集合でいいですか?」

「準備やらタイヤウォーマーやらで8:00には着いておく必要があるから5:00集合やな」

「・・・頑張って起きます・・」

で、当日朝    来ない・・・

  15分遅れぐらいならまあ普通誰でもあるので良いとして、

   30分、 来ない。 連絡も無い。

    1時間、

TEL 「すみません。家の前まで来ました。」(二度寝だと・・・)

 「あ~はいはい・・・」

 

走行予約の変更はその走行時間前に現地でする必要があるらしく、とりあえず急行、なんとか3分前に走行枠をスライド。

いろいろ怒りたい気持ちと文句をぶちまけたい気持ちを抑える。

最近、なんとなく悟りを開いたというか うちのB型の家族を相手して今頃やっと気が付いたというか、

B型のヒトに

  • 怒ってもムダ。
  • 忠告してもムダ。
  • 聴いてもムダ。

ただひたすらスルー耐性を高めるのが付き合う唯一の方法。

で、その「スルー」した項目

  • タイヤ空気圧チェック (単位とかちゃんと見てるのか?)
  • サスセッティング (何の記録も無し。ストロークチェックもしてない)

とにかく、準備運動をしろ!と、しつこく言っても聞かない。

練習走行を無事終えて前日受付と車検。
今回はスムーズに車検合格。

夕食の相生大阪王将で。

「予選は準備運動せなアカンで。5ラップぐらいしか出来んのに4ラップ目から本調子とかアカンやろ?緊張してドキドキしても筋肉に血液行ってないからな。掌から汗出るぐらい体動かして2周目からアタックできるようにしとかないとな。もう四捨五入したら50のおっさんやねんから。パドック端から端まで走るぐらいやっとかなアカン。」

「そういうのはもっと早く言ってくださいよー。それ聞いたらちゃんとしたのに~」

で、いつも使ってる枕を持ってきたらしく(持って来いと言った) よく眠れたとの事で朝食の時間に遅れず(毎回遅れてた)体調も良さそう。

予選3位

 

決勝5位

 

今までにないスムーズさで前日の遅刻さえなければなあ~っと。

50歳手前でやっと
「~~なのでダイジョブです。(ダイジョブではない)」が、ほとんど無かったイベントになった。

歳をとって良くなる事も有るのだよ。



6耐 業務連絡

カテゴリ : 
MOTO » ミニバイクレース
執筆 : 
baayan 2017-10-11 13:53

次の日曜日(2017/10/15)は琵琶湖

雨です。

しかも 3人です。

タープは持って行きます。

各自 椅子おねがいします。

のんびりいきましょう。




技術資料、プレゼン資料、3Dモデリング、取説、パーツカタログ、各種サービス資料制作

ムツミヤでは制作作業者が直接お客様を担当しますので、専門的な用語や機械的な構造説明などがスムーズに行えます。

図面情報より高精度のパーツカタログを制作いたします。手描き図面、2次元CAD、3次元CAD等の部品情報をいただければ 分解(組立)手順に則した構成でページを作り上げます。
また、完成品から分解して描き上げ、組み立て直してお返しすることも得意としています。

手描き図面と構成リスト、組立手順書等資料からも制作可能です。
手描きパーツリストの更新もおまかせください。

設計途中のアッセンブルしきれていない3D CADから先行して制作することも可能です。

ムツミヤでは中間営業を省略し、制作直販としていますので
低コスト・高精度でご提供させていただいております。

部品図面(DWG,DXF,IGES,青図)
計画図(DWG,DXF,IGES,青図)
組立要領書(DWG,DXF,IGES,青図)
部品リスト(EXCEL,ACCESS)
とりあえずこれだけご用意ください

*構造、資料により写真および原稿の提供をお願いすることがあります。